プリザーブドフラワー

生花の持つ美しさは独特の魅力がありますが、贈った花を長期間にわたって楽しんでもらいたいという場合には、プリザーブドフラワーを選ぶという手段もあります。花の色をいったん抜いてから染め直しているため、時間が経っても色があせにくく、美しい状態を保つことができます。人工的に着色するので、青などの自然界には存在しない色の花を作り出すことも可能です。

また、長期間美しく保存するための加工を施すのは花のみであることが多く、茎や葉はワイヤーなどで作られるので、アレンジがしやすいのも魅力です。生花のように生けても、透明な器などに入れても贈ることができますし、花が入るイメージのないような小さな箱に入れて、開けた時のサプライズも演出するなど、さまざまなメッセージの伝え方が可能です。

この他、業者によっては特殊な技術によってバルーンの中に生花を入れて電報とともに贈るサービスを行っているところもあります。受け取った時の喜びに驚きも加わり、なおかつ生の花を楽しむこともできるので、相手や状況によってはこういったものを選んでみるのも効果的でしょう。

いずれの形式を選ぶにしても、お祝いやお悔やみの場面や贈る相手との関係によって、アレンジメントの形や大きさ、色などを選ぶ余地が大きいことも、花を贈ることの魅力といえます。大切な人に特別なメッセージを送るとき、気持ちをより印象的に伝えてくれる花を添えてみませんか。

電報と生花を贈る

慶事にしても弔事にしても、古くから花は贈る相手の気持ちに寄り添い、慶びや悲しみの場面を演出する手段として用いられてきました。その場に参加はできなくても、花の贈り物は送り主の気持ちを伝え、受け取った人の気持ちを和ませる大きな効果があります。

フラワー電報の贈り物のひとつで、生花は人気がとても高いです。電信会社が生花店のネットワークと提携して行っているフラワー電報のサービスでは、花束やアレンジメント、鉢植えやスタンドなど、予算や状況に応じた花を電報とともに届けてもらえます

他にはない生花の魅力としては、自然の持つ美しさとパワーが挙げられます。生きている花の力を、メッセージとともに贈ることができるのは生花ならではの特徴です。また、自然のものだからこそ、状況に応じて色や形などを選んでメッセージを伝えることができます。慶びの場面では華やかな演出が可能ですし、相手の好きな色を選ぶこともできます。悲しみの場面には、相手の心に静かに寄り添う気持ちを表すことができます。

花のモチーフは生活のあらゆる場面で根強い人気がありますが、生きている花はそれだけで強いメッセージを伝えてくれます。生き物であるだけにずっと同じ状態を保つわけにはいきませんが、特別な日のために作られたアレンジメントは言葉以上のメッセージと強い印象を受け取り手に残すことでしょう。

花を添えたフラワー電報

「電報」は、かつては電信で急ぎの知らせを届ける手段として発達してきました。現代では、結婚などのお祝いやお悔やみの席などの特別な機会に参加できない場合にメッセージを伝える手段として用いられることが多くなっています。最近はメールやLINEで瞬時にメッセージを伝えることも可能になりましたが、そんな時代だからこそ、それらよりは手間のかかる電報を送ることで、相手に対する気持ちを伝えることも可能になっています。

電報を贈ってお祝いする機会というと、まず思い浮かぶのは結婚式ですが、最近では出産や誕生日、入学や卒業などより広い範囲のお祝いや、ビジネスの場面でも使われるようになっています。そして、思いを込めたメッセージを彩る手段も、最近は多岐にわたっています。意匠をこらした台紙に入れたり、ぬいぐるみやバルーンなど、相手に合わせて選ぶプレゼントを添えたりすることも可能です。

そんな中に、フラワー電報というものがあるのをご存知でしょうか。電報と花というと、電報の台紙に押し花などがついているものをイメージされるかもしれませんが、今では生花やプリザーブドフラワーなど、相手や場面に合わせてさまざまな形で電報に花を添えて送ることが可能になっています。また、花は悲しみの気持ちを表す際に添えることができるのも特徴といえましょう。扱う業者も電信会社に限らず、それぞれが独自の工夫をこらしています。ここでは、フラワー電報の概要と、その魅力について考えていきます。