花を添えたフラワー電報


「電報」は、かつては電信で急ぎの知らせを届ける手段として発達してきました。現代では、結婚などのお祝いやお悔やみの席などの特別な機会に参加できない場合にメッセージを伝える手段として用いられることが多くなっています。最近はメールやLINEで瞬時にメッセージを伝えることも可能になりましたが、そんな時代だからこそ、それらよりは手間のかかる電報を送ることで、相手に対する気持ちを伝えることも可能になっています。

電報を贈ってお祝いする機会というと、まず思い浮かぶのは結婚式ですが、最近では出産や誕生日、入学や卒業などより広い範囲のお祝いや、ビジネスの場面でも使われるようになっています。そして、思いを込めたメッセージを彩る手段も、最近は多岐にわたっています。意匠をこらした台紙に入れたり、ぬいぐるみやバルーンなど、相手に合わせて選ぶプレゼントを添えたりすることも可能です。

そんな中に、フラワー電報というものがあるのをご存知でしょうか。電報と花というと、電報の台紙に押し花などがついているものをイメージされるかもしれませんが、今では生花やプリザーブドフラワーなど、相手や場面に合わせてさまざまな形で電報に花を添えて送ることが可能になっています。また、花は悲しみの気持ちを表す際に添えることができるのも特徴といえましょう。扱う業者も電信会社に限らず、それぞれが独自の工夫をこらしています。ここでは、フラワー電報の概要と、その魅力について考えていきます。