電報と生花を贈る


慶事にしても弔事にしても、古くから花は贈る相手の気持ちに寄り添い、慶びや悲しみの場面を演出する手段として用いられてきました。その場に参加はできなくても、花の贈り物は送り主の気持ちを伝え、受け取った人の気持ちを和ませる大きな効果があります。

フラワー電報の贈り物のひとつで、生花は人気がとても高いです。電信会社が生花店のネットワークと提携して行っているフラワー電報のサービスでは、花束やアレンジメント、鉢植えやスタンドなど、予算や状況に応じた花を電報とともに届けてもらえます。

他にはない生花の魅力としては、自然の持つ美しさとパワーが挙げられます。生きている花の力を、メッセージとともに贈ることができるのは生花ならではの特徴です。また、自然のものだからこそ、状況に応じて色や形などを選んでメッセージを伝えることができます。慶びの場面では華やかな演出が可能ですし、相手の好きな色を選ぶこともできます。悲しみの場面には、相手の心に静かに寄り添う気持ちを表すことができます。

花のモチーフは生活のあらゆる場面で根強い人気がありますが、生きている花はそれだけで強いメッセージを伝えてくれます。生き物であるだけにずっと同じ状態を保つわけにはいきませんが、特別な日のために作られたアレンジメントは言葉以上のメッセージと強い印象を受け取り手に残すことでしょう。